【ジャイアンツ】巨人・坂本選手は、内角打ちで野球界の常識を覆しました

 

今までの内角打ちの”基本”は、両肘を畳んで、始動はダウンスイングからの打球ポイントはレベルスイングという打ち方でした。両肘を畳むのは最短距離でバットを振り出すのが目的です。ダウンスイングは、”打球ポイントをレベルスイングで捉えたいから”です。

ところが坂本選手は、左肘を抜いて右肘だけ畳んだスタイルで、始動がレベルスイングからの打球ポイントはややアッパー気味です。

 

※音量注意

 

動画を見てもらえば明らかなんですけど、左肘を抜いてもバットは最短距離で出るんですよね。

今まで「両肘を畳む=バットが最短距離で出る」という常識に囚われていた人が、この概念を自分の教え子や後輩に強制していましたが、それは間違いなんです。坂本はこの内角打ちでそれを立証しています。

あと、長年アッパースイングも「悪い打ち方」というイメージを持たれてきましたが、そもそも低めのボールに対するレベルスイングって、”ややアッパー気味”になるんですよね。

ですから、投手が低めのコースを軸に配球を組み立ててくる場合は、アッパースイングを意識して打席に立った方がよくて、多くの場合、投手はそういった配球で勝負してくるんです。つまり、打者もアッパースイングを意識して打席に立った方が良いということ。

打球ポイントについてもう1つ言うと、左肘を抜いた方がバットとボールが直線上で重なり合うので、レベルスイング〜ややアッパースイング気味の方が、ボールを捉える可能性が高くなります。ややタイミングを外されても、スイングがボールと直線的に重なり合っているので、バットの中心でボールを捉える可能性が高くなるんですね(ただし、この場合、高確率でバットは折れます)。

そう考えると、坂本選手の打ち方って、これまでの常識を覆しつつ、かなり理に適っている打ち方なんですよ。

どうやら高校時代からこの打法だったようなので、昔から常識に囚われない自由な発想のできる人間だったのでしょう。

これ、1つ頭飛び抜ける人財の共通点ですよね。

 

 

[ad#co-3]

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】