スタータモータの無い人間になってはダメですぞ

 

 

 

 

年商4000万円のブロガーでさえ、最初の2〜3年はからっきしだったんですねぇ。

 

※転載元:イケハヤさんTwitter→@IHayato

 

特に、最初の1年はほとんど収益がなかったようです。ただ、それでも数万円/月の収入がありそうなのは、さすがイケハヤ氏といったところでしょうか。

イケハヤブログによると、サラリーマン時代にある程度貯金を作った上で独立し、数年間はほぼ無収入の状態でブログに全力傾倒したのだとか。やっぱり、それぐらい真剣に打ち込まないと、ブログで稼ぐのは厳しいですよね。

 

自分の力で稼ぐために必要なこと

コレに関しては、タクスズキ@プロブロガー(@TwinTKchan)さんがツイートで良いことを言ってます。

 

 

いやぁ、栽培マンには突き刺さる言葉ですな。

 

”スタータモータの無い人”も追加で

タクスズキさんのツイートに、”スタータモータの無い人”も追加しちゃいたいと思います。

”スタータモータ”っていうのは、車のエンジンを起動させる際、最初にエンジンを強制的に回すモータのことです。車っていうのは、自分でエンジンを無理矢理動かして、そこから安定回転まで持っていくわけです。

これを人間に当てはめると、スタータモータは”やる気”ってことになります。

ここ、重要なんですけど、やる気がある=”ガチになれる人”っていうのは、自分でオリジナルを作っていくことができるんです。その”オリジナル”が、最終的に、自分のコンテンツとして武器になっていくわけです。

ブログなんかはオリジナルの部分が少しずつ読者にウケてPV数が増えていくと思うんですよね。

 

ガチになれない人間は、中途半端で終わるってことです。

今やっていることに夢中になれないのならさっさと次行くべし!

 

 

[ad#co-3]

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】