30代男性の婚活事情

 

 

 

ボンジュール。まーしーです。

結婚市場における男女の決定的な差は、将来的な出産リスクです。

 

◯結婚において、女性が男性に求めるものとは

男性の結婚に関する難易度を測るのであれば、女性が結婚において男性に何を求めるのかを分析する必要があります。なぜなら、大抵の場合、求婚するのは男性だからです。女性が男性に求めるものの代表例は以下のようなものになるのではないでしょうか。

・ルックス

・収入

・性格

・男性の実家の家庭事情

これらは、男性の年齢によって優先順位が変わってきます。例えば、20代であれば、ルックス>性格>収入>男性の実家の家庭事情といった感じになるのではないでしょうか。女性の方も、20代であれば、医者や弁護士や起業して成功でもしていない限り、男性の収入にはある程度理解を示してくれるでしょう。そのため、女性の20代男性に対する収入の見方は、”現在のリアルな収入”ではなく、”30歳以降の将来性”を重視する傾向にあると思われます。従って、20代では収入よりもルックスと性格が上位に入ってきます。ところが、男性が30歳になると、この順位が大きく変わってきます。

 

◯30歳からステータス差が顕著に現れる

30歳から、男性の収入に差が出始めます。主な要因は学歴・勤続年数・職種・役職でしょう。偶に理想的なキャリア形成の元、転職で成功して年収が劇的にアップする男性や、起業して成功する男性もいますが、そんなスーパーマンは労働人口の内、ほんの一握りです。そのため、女性の収入に対する見方も変わってきます。男性の将来性ではなく、より現実的な収入を重視するようになるので、男性は30歳から結婚市場での収入の敷居が一気に上がります。

また、性格面についても、ある程度は収入やステータスと紐付して考えられます。企業で主な役職に付く際には当該人物の性格面を見られますし、やたらと転職が多く、理想的なキャリア形成がなかなか出来ずにいる男性は性格面に難アリと判断される可能性があるでしょう。確実に言えるのは。20代と30代で性格面に差が付いていない男性は、女性からマイナス評価を受けることが多いということです。”30歳に求める性格的な大人の部分”というのは確かに存在します。しかし、性格については、実際にその人物と一定期間関わっていないと分からない部分が多いので、なかなか可視化するのは難しいものと思われます。

20代で優先順位の高かったルックスですが、大抵の場合、イケメンは20代で結婚してしまうので、30代男性に求める要素としては優先順位が低くなると思われます。また、参考程度なのですが、イケメンで30代まで未婚の場合、「性格に難があるのではないか」「チャラいのではないか」と警戒する女性もいるとのことで、こと30代に関して言えば、高ルックスが100%武器になるとは言い難いのかもしれません。

 

結婚において、一般的には「男性は30歳になってもまだ遅くない」と言われますが、女性ほどでは無いにしても、男性も30歳を境に結婚市場での敷居は上がると思われます。女性との大きな差は将来的な出産リスクでしょう。

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】