巨人・マギー選手が、インコースの速球に力負けしない理由

 

 

 

ボンジュール。まーしーです。

バッティングは手首ですよ。

 

◯手首の使い方が完璧

写真からも分かるように、インパクトの瞬間に右拳が上を向いています。これは、右手首を下方向に折り曲げているからなのですが、手首の形をこうすることで、力のある速球相手でも手首が負けることが無くなり、結果的に強い打球が打てるようになります。

 

画像参照元

 

理想の手首の形はまさに上の画像のような形なのですが、多くの打者がこの形ではなく、逆に手首が下側に折れてしまっている(拳が下を向いてしまっている)状態でバットを振っています。これでは速球をインパクトした際に手首が負けてしまう上にバットのヘッドが下がってしまうので、凡打になる可能性が高まります。この形でも、パワーのある打者で、上手く芯に当てることができれば長打・強打を打てなくもないのですが、手首の形を固定して速球に力負けしないフォームで打つ方が、長打・強打になる確立は格段に上がります。よく、外国人打者がフライで倒れるシーンがありますが、あれはインパクトの際に手首が上を向いていた(拳が下を向いていた)からで、速球に力負けしてしまった結果です。手首の形が完璧であれば、良くてヒット、悪くてもライナー性の当たりで外野正面といったところでしょう。また、インコースを打ちにいった時に手首が上を向いている(拳が下を向いている)と、窮屈なスイングになってしまい、バットの根っこで打ってしまう可能性が高くなってしまいます。これは凡打率が高いですし、硬式だと手が痛くなってしまうので注意が必要です。

 

◯バットを強く振れている

これは外国人選手全般に言えることですが、やはり日本人選手と比べてスイングの力強さが違います。日本人選手で外国人選手と同等か、それ以上のスイングができている選手は、全体のほんの一握りです。代表例で言えば、ソフトバンク・柳田選手と、西武・森選手と、阪神・糸井選手です。彼らはメジャーの第一線で活躍する選手とも遜色ないスイングができています。

それで、バットを強く振れることで何が良いかと言うと、インコースの速球を前で捉えることが出来るんです。あと、前で捉えることができなくても、テキサスヒットになる可能性が高いです。バットを強く振るためには前述の手首の形を理想の形にする必要があり、尚且つ腕の筋力による純粋なスイングスピードが必要となります。

 

力強いスイング=手首の形+スイングスピード

 

手首が理想の形になっていると、拳をボールに突き出す感じでスイング出来るので、純粋なスイングスピードに拳の早さが上乗せされます。従って、インコースの速球を前で捉える可能性が高まり、凡退率が下がります。また、強いスイングは高い衝撃力を生むので、通常なら内野の凡フライになる打球が伸びていき、内野と外野のヒットゾーンに落ちます(テキサスヒット)。

マギー選手は、外国人選手ということもあり、スイングの力強さはデフォルトで備わっている可能性が高く、尚且つ理想の手首の形でインパクトできていることが多いので、インコースの速球にも力負けせずヒットを量産できているのだと思います。

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】