巨人のレギュラーになる方法

 

 

 

グッモーニンエブリワン。まーしーです。

適当さがウリです。

 

◯巨人というチームの特徴

巨人には、他球団には無い特徴がいくつかありますが、その最たるものが世間体的な敷居の高さでしょう。そのブランド力から来る影響力は、他球団には決して真似出来ません。こうした影響力の考え方として、”影響力は一定数しか存在しない”と定義すれば分かりやすいと思います。一定数しか無い影響力を、12球団が取り合うものだと考えると、既にパイの大部分を獲得した巨人というチームは、他球団と比較して世間体的な敷居が圧倒的に高くなります。こうした影響力は、年俸という形で選手へ還元されるため、金銭的なメリットが多分にあると言えますが、それに比例して選手へのしかかってくるプレッシャーも上がるため、選手には身体的能力や野球技術や野球脳の他に、高いレベルでのメンタル力も求められます。

 

◯何故、大田泰示選手は巨人で活躍できなかったのか

身体能力があり、野球の技術があり、野球脳も備わっており、体格も悪くなかった大田泰示選手が巨人で活躍できなかった理由はいたってシンプルで、彼の真面目すぎる性格が、巨人というチームの影響力に飲まれてしまったのです。そのことは、2軍で好成績を上げて1軍に上げてもらっても、そこで地蔵のように固まってしまい、見逃し三振を連発する彼の姿から容易に想像できました。ここで勘違いしてはいけないのが、彼は決してメンタルが弱いわけではないということです。ただ単純に、巨人というチームの影響力を真っ向から受け止めてしまうようなスタンスでプレーをしてしまっただけです。ある程度の責任感を持ってプレーすること自体は必要なことですが、巨人の場合、メンタル的なベクトルを球団の影響力に全振りしてしまうと、よほど精神的に強い人間でない限り、大田選手のようなことになります。少し前ですと、村田選手も同じような兆候がありましたね。彼もベイスターズで輝かしい実績を引っさげて巨人に入団しましたが、移籍後は成績を落としてしまいました。

太田選手は日ハムに移籍した後、別人のように活躍していますが、あれは、相対的に影響力のパイが少ない日ハムに行けたからです。

 

◯巨人でレギュラーになる方法

球団の影響力を適当に受け流せる人です。それでいて、身体能力・野球技術・野球脳を兼ね備えていれば、巨人でレギュラーを取ることができます。太田選手や村田選手のように、球団の影響力を真っ向から受け止めてしまう人は、例え能力値が高くてレギュラーになれたとしても、短命になる傾向があるでしょう。振り返ってみれば、長嶋茂雄さんを始め、巨人で長くレギュラーとして活躍できた人は、球団の影響力によるデメリットを感じさせない人が圧倒的に多かったように思われます。

真面目すぎるというのも考えものですね。

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】