【Timebank】個人の時間を売買できるサービスが登場しました

 

 

 

ニーハオ。まーしーです。

個人の今年は面白いサービスがたくさん出てきますね。

 

◯タイムバンク

10秒単位で個人の時間を売買できるサービスがTimebank(タイムバンク)です。今秋リリース予定のサービスですが、既に巷では話題沸騰中のようですね。

 

 

タイムバンクの目的は3つあります。

1つ目は、既存の経済システムの変革です。企業中心の経済から個人中心の経済へシフトします。

 

 

2つ目は、決済多様性の実現です。お金中心の決済システムからの脱却を目指します。

 

 

3つ目は、複数経済の実現に伴う経済の選択性の創出です。個人が自分に合った経済を選べる世の中にします。

 

今年は特に、2つ目の決済の多様性の創出が本格化した年ですね。ICOが本格的に行われるようになって、仮想通貨の重要性が一気に上がりましたし、VALUといった”個人の価値”を売買するサービスも登場してきました。これからお金の価値はどんどん薄れていくでしょう。

 

 

◯時間を売るには、ある程度の影響力が必要です

タイムバンクで時間を売るためには、SNSである程度の影響力を持っていなければなりません。公式サイトの説明にもあるように、サービス側は”専門家”による時間の販売を想定しています。

 

 

時間を買った人は、その時間を使って、専門家から様々なサービスを受けることができます。

 

 

影響力の診断はTwitter、Facebook、YouTube、Instagramで行います。

 

 

試しに私も審査を依頼してみましたが、影響力不足でした(笑)

 

 

今秋リリース予定のTimebank、売るのも買うのも面白そうです。興味が湧かない人でも一度サービスを利用してみる価値は絶対にありますよ。こうしたサービスは時代の潮流ですから。

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】