【ゴキブリ対戦記】部屋干しという名の自殺行為・・・

 

 

 

グーテンターク!まーしーです。

夏に部屋干しするとか、マジでアホでした。

 

 

◯今シーズン初の持久戦

僕の自室です。主の許可無しに侵入してやがりました。速攻でゴキジェットを噴射しようとしたのですが、ゴキジェットを取り出す一瞬の隙をついてベッド下の隙間へ逃げ込みやがりました。僕のベッドは側面が収納になっているタイプなので、床面との距離は10mmもありません。その下へ逃げ込まれると、さすがのゴキジェットでも殺虫剤を浴びせることは不可能です。

というわけで、戦いは持久戦へもつれ込みました。10分ほど待ち伏せしていたでしょうか、敵は、潜り込んだ場所とは逆方向からノコノコ姿を現しやがりましたので、ゴキジェット→凍殺ジェットのコンボをお見舞いしました。このコンボ、もはや鉄板ですね。

正味の対戦時間が10分越えとなったのは今シーズン初。駆除時間は僅か2〜3秒です。一度奴らを逃がすと持久戦になってしまうので、いかに見敵必殺が重要であるかを再認識しました。

 

 

◯出現原因

さて、今回の出現場所は自室です。自室は洗面所・浴室よりも掃除とハッカスプレーを徹底していたので、今回の出現はショックだったのですが、思わぬ落とし穴があったことに気が付きました。湿度の上昇とブラックキャップの劣化です。

 

湿度

当日の天候は、小雨がぱらぱら降る上に気温は30度前後と、敵さんが大好きな蒸し暑い天候。外気の湿度は80~90%でした。自室は冷房を効かせていたので室内の湿度は60~70%くらいかな?湿度計が無いので不明ですが、それぐらいだと思います。そんな状況下で、洗濯物を部屋干ししていたため、室内の湿度は上昇。敵さんに快適な環境を提供していました。

 

ブラックキャップの劣化

セッティングしたのは3月中旬。丸4ヶ月経過しているため、毒エサが劣化している可能性が挙げられます。メーカー保障は半年とのことですが、敵さんの高い適応力と耐性を考えると、6月の時点で新品に変更しておいても良かったのかもしれません。また、今回駆除した個体が中程度の大きさだったことから、5月頃生まれた個体であると推測。親世代に食い散らかされたブラックキャップに見向きしなかった可能性も。

 

 

◯今後の対策

とにかく、湿度を下げる方策が急がれるため、除湿機を注文しました。また、定期的に冷房を除湿モードに切り替えます。

 

 

除湿機と合わせて湿度計も注文しました。敵さんは湿度50%以下を嫌うとのことなので、湿度管理を徹底します。

あと、部屋干しはもうしません。

 

 

ブラックキャップも新品を追加購入しました。新規の個体を一掃し、9月頃に再購入します。

7月末時点で4匹目ということは、今シーズンも10匹弱きそうですね(›´ω`‹ )

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】