僕が打席で意識していること

 

 

 

グッドアフタヌーン。まーしーです。

今は毎打席意識していますが、究極は無意識だと思っています。

 

 

◯フルスイング

出典:いらすとや

基本中の基本です。中途半端なスイングをしてしまうよりも、しっかりバットを振り切った方がヒットになる確立は高いです。例えバットの真芯に当たらなくても、スイングスピードが高いので、それに比例して反発力が高くなり、ボールがより遠くへ飛んでいきます。ゴロの場合は球足が早くなりますし、バウンドも大きくなるので内野ゾーンを超える可能性が高まります。

よく、古いタイプの野球人は、やれ「下半身が使えていない」だの「身体が開いている」だの「手打ちになっている」だの言いますが、たとえ手打ちであろうと、しっかりバットを振り切れていれば、草野球であれば無問題です。むしろ、古いタイプの人間の言うことを気にしすぎて中途半端なスイングになってしまうことの方が良くないです。

問題は、実打席でフルスイングをし辛いということです。打者であれば誰でも凡退をしたくないと考えますから、どうしても絶好球を待ってしまい、カウントを悪くして中途半端なスイングになりがちです。だからこそ、基本中の基本であるフルスイングを常に意識しながら打席に立つようにしています。

 

 

◯初球打ちのコース

初球にフルスイングするコースを決めています。初球はカウントが0なので、三振を怖がる必要がありませんし、投手もストライク先行で攻めたいので、必ずストライクゾーンにボールを入れてくるからです。というわけで、初球は精神的に最もフルスイングをするのに適していますから、自分の打てるコースを見極めたらフルスイングするよう心掛けています。

で、僕のフルスイングするコースですが、概ね以下の通りです。

 

高さ → 真ん中・低め

横 → インコース・真ん中

 

”概ね”と書いたのは、”草野球投手のインコースのボールは外れる可能性が高い”からです。所属リーグの投手レベルや打席ごとの僕の判断になってしまうのですが、例え初球であっても、投手がインコースへ投げた瞬間にボール球だと判断した場合は、バットを振りません。実は、ここの見極めがすごく難しくて、毎試合苦労しています(T_T)

まぁ、迷ったら何も考えずにフルスイングするのが吉ですね。

 

 

◯投手を睨む

出典:いらすとや

これ、投手に喧嘩を売っているわけではなくて、ちゃんと理由が2つあります。

1つ目は、精神の状態を”戦闘モード”に切り替えるためです。野球は試合の合間にベンチで一息入れる時間があるので、精神の状態が戦闘モード→休息モードと、切り替わってしまいがちですから、投手を睨みつけることで、無理矢理自分を奮い立たせています。精神が戦闘モードだと、気持ち的にフルスイングもし易いですしね。

2つ目は、高めのボールを見ないためです。僕のスイングはゴルフスイング気味なので、高めのボールが苦手です。フルスイングを意識しすぎて高めのボールに手を出してしまうことがありますから、投手を睨んで、なるべく高めのボールを視界から消すようにしています。

 

 

今は意識していますが、配球を読んでいるうちについつい忘れてしまうことがあるので、究極は、これらのことを無意識で出来るようになることです。自分の中でルーティーン化できれば無意識で出来るようになると思うので、根気よく続けていきたいと思います。

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】