2017年の変化点と2018年にやってみたいこと

 

 

 

 

アロハ~。まーしーです。

今年は野球・仕事・恋愛と変化点がありました。

 

 

 

■目次
1 野球の変化点
2 仕事の変化点
3 恋愛の変化点
4 2018年やってみたいこと 

 

 

 

◯野球の変化点

低めとインコースの打率アップのため、ダウン気味のスイングからアッパー寄りのスイングに変更することを決意。2月から超スロー素振りでアッパースイングのイメージを脳内へ叩き込む作業を開始。上手くイメージを脳内に叩き込むことができれば、無意識にアッパー寄りのスイングが出来るようになり、投手との勝負に集中出来るようになります。超スロー素振りのメリットついては下記参考記事を参照してください。

参考記事:【野球】超スロー素振りでバッティングフォームを固めてみた結果

ただ、10年近くダウン気味のスイングでやってきたため、この作業は1シーズン以上掛かると覚悟して臨みました。

「高めのコースはどうするの?」という意見があると思いますが、正直に言うと、高めは今シーズン捨てるつもりでした。すべてのコースへの対応を意識して対策を講じると、結局全部が中途半端になると思ったからです。あと、捕手の間には未だに「低めのコースが有効」という古い常識が蔓延していますから、低め対策が最も効果が出やすいと思いました。まぁ、後述しますが、結果的に高めのコースへの対応も身についてしまったのですよ。

出典:Sports LIfe GO!

 

さて、こうして迎えた2017年シーズンですが、案の定打率は落ちました。原因は、スイングの軌道を意図的に変えていかなければならず、そちらへ意識を集中したため投手との勝負に集中できなかったからです。

が、シーズン終盤(9月〜11月)に無意識的にアッパースイングを行えるようになり、低めのコースとインコースをフルスイング出来るようになりました。今まではスイングの軌道を意識しながらの対応だったので、振り遅れが目立ちましたが、ジャストミートする機会が増えて長打率が上昇。約半年間の努力が実を結びました。

ちなみに、これは副産物なのですが、スイングをアッパー寄りにすることで、真ん中から上の高さのコースはボールの底をレベルスイングで叩くことが出来るようになりました。これを無意識的に出来るようになったため、高めのコースをフルスイングして長打にする場面もちらほら出てきました。これで僕も強打者の仲間入りです。

 

 

◯仕事の変化点

ブログに以下のような独自のスタイルを設定しました。

【決められた冒頭文句を設定】

記事の冒頭で「外国の挨拶+まーしーです」と挨拶し、2行目に記事の革新を匂わせる一言を付けています。

ちなみに、外国の挨拶で記事を書いていた時間帯が分かるようになっています

(例)ボンジュール。まーしーです。→朝書いてる

 

【目次を設定】

記事は3つ以上の目次で構成するようにし、読者が記事の冒頭で内容を概ね理解できるようにしました。

こうした独自のスタイルを設定することで、ブログのブランド力強化を図っています。こちらは実施してまだ日が浅いので、2018年も継続することで効果を見極めたいと思います。

 

本業の電気設計の方は現場作業も挑戦してみましたが、やはり僕は設計畑が性に合うようです。来年は設計一筋でいきます。現場経験は結構良い経験になりました。

 

 

◯恋愛の変化点

恋愛工学を実践してみました。これは確かにモテますね。

「恋愛工学ってなんぞや?」って方はこちらの漫画を読んでみてください。

 

 

◯2018年やってみたいこと

【野球】

低めとインコースへの対応は、今後も超スロー素振りを継続して精度を上げていきます。打球の質にも拘っていきたいですね。具体的には、ライナー性の打球を増やすことで打率を上げていきたいです。

 

【仕事】

ブログ1000記事達成です。これはもう2018年のマストです。

本業は設計一本でとにかく腕を磨いていきます。海外で仕事できる機会があれば積極的に手を上げていきたいですね。

 

【恋愛】

とにかく恋愛工学が半端ないので、こちらの腕も磨いていきたいですね。

 

【その他】

買いだめしている本が50冊近くあるので、全部消化します。

 

 

さて皆さん!2018年もはりきっていきましょー!

 

アイキャッチ出典:http://ryugakuok.com/

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】