守備が上達したい人必見!野球のススメ(守備編)

 

野球の守備って嫌ですよね〜

エラーなんかしたら周りに怒られたりイジられたりしますし、相手チームから嫌味言われたりしますもんね。

皆、こっちにボール飛んでくんじゃねぇって思ってますよ。間違いありません。

痛烈なライナーとかゴロが飛んできたら、最悪怪我する可能性だってありますからね。エラーして怪我までするって、最悪ですよ。もうね、打者から慰謝料もらっていいレベル。

よく、「野球の醍醐味は守備だ!」って言って守備大好きアピールしてる意地っ張りな人いますけど、そういう人も試合中は絶対思ってます。「ボール飛んで来るな」って。

でも、試合に出るからには守備しなきゃいけませんし、守備してればボール飛んでくることもあります。

そんな、嫌なことを嫌でもやらなきゃいけない人たちのために、イイこと教えちゃいます。

ちなみに、技術論ではありません。守備に関する技術論は散々他のサイトやメディア等で語られてますので、あえてここで書く必要も無いでしょう。

 

僕が教えたいのは、精神論です。

 

「心・技・体」の「心」ですね。

「なんだよ、精神論かよ。昭和クセェな」と思ったあなた。その通りです。

 

が!が!が!

 

野球ではこの精神論がモノを言うんです。ここでプレーの全てが決まると言っても過言ではありません。

現代野球では精神論を軽視する動きが少々見られますが、そんなことはありません。むしろ、ヘタクソでも上級者に対抗できる唯一の武器なんです。

では、どういう心で守備に挑めばいいのか。ズバリ、「強気」です。

守備はボールが飛んでこなければ始まらないので基本的に受け身の動作です。ですが、ボールが飛び始めたらこの力関係は均衡になります。

ボール側が「よーいドン」をしたら、こっちから攻めても良いのです。つまり、前へ出てボールを捕りにいくんです。

ここ、重要。来たボールを捕るんじゃなくて、ボールを捕りに行く。

ボールはあなたにエラーさせようとしたり、怪我させようとしにこっちへ飛んできます。それを受け身の姿勢で迎えいれると、ボールの思うツボです。

ですから、こっちからボールの魂胆を潰してしまえばいいんです。「ボールの野郎!絶対捕ってやる!くそったれ!」ってくらい強気でボールに向かって行ってください。

え?それでエラーしたら一緒じゃないかって?

いやいや、攻めのエラーと受け身のエラーでは周りと自分に与える影響は全然違います。

受け身のエラーだと、周りから「ダセー」って思われるし、自分自身も「情けない」「恥ずかしい」という気持ちになります。

しかし、攻めのエラーは周りに「あいつ、やる気あるじゃねぇか!」と思わせますし、自分も「立ち向かった」という自信がつきます。

基本的にエラーしてるんで、ダサいことには変わりありませんが、周りと自分に与える心象はまったく逆なんです。

ちなみに、怪我した場合でも同じ効果があります。受け身の怪我はダサいですが、攻めた結果の怪我は絵になります。

さて、ここから重要。攻めのエラーや怪我は次に繋がる可能性が高いんです。

せっかく勇気を出してボールに立ち向かったのに、失敗してしまった。ここで「くやしい」という気持ちが生まれます。このことが野球に対して「考える」という行動に繋がるんです。

「次は捕ってやる」→「捕るにはどうすればいい?」→「よっしゃ!練習や!」→「どんな練習がいいんだ?」と、発想が進んでいくわけです。

これ、受け身の失敗だと、よほどアツい人でない限り、ここまでいきません。おそらく「もう野球はいいや」という方向にいきます。そもそも自発的に受け身に周る人なんですから、間違いありません。

野球では、強気の姿勢が次に繋がります。まずは、「守備って本当に受け身なのかな?」という、当たり前のことに疑問を持つところから始めてみましょう。

昔偉い人が言っていました、「勝者ほど、精神論に辿り着く」と。

精神論を軽視するの、少し考えなおしてみませんか?

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】