就職難とか言ってる大学生は、そもそも自分がサラリーマン向きなのか一度考えてみては?

 

就活中の大学生なら一度は言ってるはず。「なかなか内定取れないんスよ〜」って。

で、その後にだいたいこう続く。「今就職難ですよね〜」って。

就職難の難はその人の人間性の難ですから、内定取れない理由を世の中に向けるのは間違ってますよね。

就職氷河期でも内定取りまくるやつはいるし、好景気でも内定ゼロの人はいますからね。

これ、事実ですから。変な逃げ道自分で作らずに真摯に自分と向き合うべきですよ。

向き合うっていうのは、そもそも自分がサラリーマン向きなのか、自営向きなのかってことをです。

そりゃ、サラリーマンに向いてない人は内定取り辛いですよ。面接してくるのがサラリーマンですから。それはもう、ものすごいハンデです。

でも、そういう人は自分で仕事やってみると上手くいく可能性があると思います。22歳だったら何でもできますから、ブログでもいいので一度何かやってみてはどうでしょうか。

そんな、就職難とか愚痴ってないで一旦自分の向き不向きを考え直してみてください。

就活は会社に入るのが目的ではありません。自分のこれからの人生を決めるのが目的です。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】