自分に甘い人はダイエットできません

 

まぁ当たり前のことなんですけどね。以前、ダイエットに関する記事を書きましたが、最近改めてブログタイトルのようなことを実感したので、啓発も兼ねて記事にしておこうと思いました。

先日、「1日2食しか食べてないのに体重が減りません」なんていう意見を聞きました。

1日2食生活は、よく芸能人なんかが生活に取り入れているもので、体重が減るわ健康にも良いわで良いこと尽くしの健康法です。下手にランニングとかしなくても、ちょっとウォーキングするだけで余計な脂肪は落ちます。それが何故・・・?

詳しく聞いてみると、理由が判明しました。その方、「毎日起床時間が13時頃で、14時頃に食事して午前2時頃に2回目の食事をとる」とのことです。

 

めちゃくちゃだなおい。

 

そりゃあ体重減らないどころか下手したら増えるし、健康にも良くないと思いますよ。特に腸内環境なんか最悪なんじゃないかな。

この方、1回目の食事と2回目の食事の間に12時間あります。絶対この間に何かしら口に入れてますね。おそらく間食は食事にカウントしていないのでしょう。

正しい「1日2食」とは、睡眠時間と活動時間を分けて、更に活動時間を均等に二分して始めて成立すると思った方が良いですよ。正しいやり方じゃないと必ず間食するので。

それはもう、今まで1日3食だったのを無理矢理2食にするわけですから、身体が順応できていないので、必ず飢えがきます。大抵の人はここで負けるんです。

たしかに「1日2回しか食事を取っていません」が、食事を取る時間が良くないです。これでは間食を断つのは難しいでしょう。この方はダイエットできません。

しかし、一番良くないのはこの人の発言です。「1日2食です」なんて他人に言うことで、自分を洗脳してます。おそらく、そうして口に出すことで「1日2食なんだから私は痩せれるはず」って無意識のうちに自分で思い込むようにしてるんでしょう。今の生活週間が良くないことを理解しているんですけど、今更生活リズムを変える気力も無いから、後には引けなくなってるんです。自分に負けてしまってます。

ここまで読んで、少しでも「自分はこの人と似てるところがある」と思った人は、今はダイエットを諦めてください。

そういう人は、まず自分に対する甘さを無くすところからです。

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】