セブン-イレブンのドーナツを食べてみました

 

だから何?って言われそうですが、以前こんな記事を読んで気になってたので、実際に食べてみました。

種類はオールドファッションの半分にチョコレートが付いてるヤツです。ミスドでもあるやつですね。

まぁ普通でしたよ。

食に特にこだわりがない僕からすると、本当に普通のドーナツでした。強いて言えば、ミスドよりサクサクした食感だったかな?ってくらいです。

ドーナツへの評価としては、これ以上ない褒め言葉だと思うのですが・・・値段も100円と手頃ですし、今のところ文句ナシですね。

 

文句ナシが落とし穴か?

味だけならミスドと変わらないな、って思いました。

そんな頻繁にリピートしたい商品でもないですし、ミスドのドーナツにも文句は無いわけですから、味での差別化は不可能かと。

しかし、昨今は外国人も増えてますし、そういう意味では「どこでもドーナツが買える」という状況は、絶好のビジネスチャンスかもしれません。

セブンのお偉いさんがドーナツ関係の商品を全面見直しするというニュースもありますし、ここからどうやって攻めていくのか注目です。

 

じわじわと黒字化していきそう

コンビニドーナツはミスドよりも手軽ですから、ミスドから少しずつシェアを奪っていくと思います。

「ドーナツ食べたくね?」って思う機会はそんなに無いと思いますが、もしそうなった時に、コンビニを探すか、ミスドを探すかと言われれば、圧倒的にコンビニを探す方が楽です。

ちょっとコンビニ立ち寄った時に、レジ横に100円でドーナツがあったら、「買おうかな」ってなるかもしれませんね。僕も今日セブン-イレブン寄ってレジ並んだ時にドーナツのこと思い出しましたから。

味での差別化が困難なので、後は値段と手に入れやすさで勝負するしかありません。そうなると、店舗数の多いコンビニが圧倒的に有利です。

ちなみに、セブン-イレブンはドーナツの試食もやってるそうです。

こうしたユーザーエクスペリエンスを利用したマーケティングは、ノッてくれば効果絶大です。良い例がスタバですね。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】