「3年は頑張る」っていう人の頭の悪さ

 

3年頑張って得られるメリットって何ですかね。

 

とりあえず3年頑張れば、次転職するときに職歴として書ける

 

これ、新卒の社会人がよく言うセリフです。

やりたくもない仕事の職歴と技術や知識が身について、はたしてそれがその人にとってメリットになるんですかね。

その職歴で転職できるのはその職歴に関連したものだと考えた方が良いので、結局また嫌いな仕事をすることになりそうですが、そこのところどうでしょう?

 

さっさと辞めて次行け

基本的にこのスタンスでオッケーです。さっさと辞めないと年齢というデメリットが増えるので、サラリーマンであれば、新しいことをやりづらくなります。自分で稼ぐなら話は別ですけど。

どんどん新しいことに挑戦して、自分に向いてるものを探しましょう。3年なんて流暢なこと言ってる暇があったら、次を探してさっさと移るべきです。

仮に3年頑張ったとして、それで心の病気にでもなったらもったいないです。「3年頑張る」というのは聞こえは良いですけど、その後のすべての可能性を潰してしまう危険性を孕んでいます。

タイムイズマネー。時間は有限ですし、待ってくれません。すぐに行動すべきです。

 

人生楽しんでる人は、スピード感がある

楽しんでる人は、決断も行動も早いです。何かを始めるのも早いですし、ダメだと思ったら辞めるのも早いです。

一方、愚痴ばっかり言ってる人は、始めるのも辞めるのも遅いです。まったくスピード感がありません。停滞してブツブツ愚痴ってます。ぶっちゃけその人事態が害悪です。

ちなみに、人生楽しんでる人はお金持ちに多いです。

 

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】