日本ハム・吉田輝星は全盛期の松坂大輔になれます

 

 

スライダーは

一級品

 

 

ヨー レッゲルト。マーシーです。

吉田輝星投手は松坂大輔投手の若い頃にそっくりです。

 

吉田輝星のここが素晴らしい

スライダーです。球速、変化量、フォーム、どれを取ってもベストな変化球です。

すでにメディアや野球ファンが吉田投手のストレートの良さを存分に語ってくれているので、当記事では彼のスライダーにフォーカスしていきたいと思います。

レッツ スライダー!

 

ストレートのレバレッジが効いている

吉田投手のスライダーを語る上で欠かせないのが「ストレート」の存在です。

変化球の目的は打者のタイミングをずらすことですが、その手段は「変化量」と「ストレートとの球速差」の2通りがあります。

「変化量」があると空振りを奪いやすいのですが、変化が大きすぎると変化球がストライクゾーンに入らなくなるので、空振りでしかストライクが取れなくなります。

一方、「ストレートとの球速差」は、空振りとタイミングずらしでストライクを取ることができますし、上手く配球すればアウトも取れます。

この「球速差」はストレートが速ければ速いほど効果的なのですが、吉田投手はストレートの球速が150km/h近く出るので、大きな武器になるでしょう。

 

平成の怪物・松坂大輔と似ている

現中日の松坂投手も、ルーキー時代はスライダーとストレートで勝負していました。

ストレートが常時150km/hほど出ていて、スライダーが曲がりすぎず、ほどよくブレーキが効いていたので、ラビットボール全盛期でも驚異的な勝率を記録していました。

松坂投手も、若い頃はストレートの球速ばかり注目されていましたが、ストレートを支えていたのがこのスライダーであり、スライダーをより効果的なボールにしていたのがストレートです。

なお、ルーキー時代の松坂投手については、以下の書籍が詳しく教えてくれます。当時球界が受けた衝撃を実感することができるでしょう。

1999年の松坂大輔 歴史を刻んだ男たち

新品価格
¥1,512から
(2019/3/19 19:21時点)

吉田投手は松坂投手そっくりです。吉田投手と同じスタイルで成功例があるので、彼も早い段階から活躍できる可能性はあります。

 

ただ、落とし穴に注意

早い段階活躍するということは、それだけボールを投げる回数が多くなるということです。

一説では、年間3000球以上を試合で投げると、その投手は翌年消えると言われています。その主な理由は肩と肘の消耗によるコントロールの悪化と、そもそもの肉体的な疲労です。

阪神・藤浪投手の成績が急に落ちた理由も球数だと言われていますね。

投手の劣化は一気にきます。吉田投手が息の長い選手になれるかは、日ハム球団の球数管理に掛かっているでしょう。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】